[ブーツ]スタンダード、BOA、クイックレーシングシステム

今回はブーツの締め上げ構造についてメリット・デメリットも含め書いてみます。

スタンダード

一番オーソドックスな紐を締めていくタイプ。

https://www.burton.com/jp/ja/p/mens-burton-rampant-snowboard-boot/W19JP-106531.html

メリット: 微調整がしっかりとできる。部分調整ができると足への負担がだいぶ変わってきます

デメリット: 締め上げるにはある程度の力が必要なので非力な女性にはちょっと厳しい。

BOAシステム

ダイアルを回してワイヤーを締めるタイプ。

https://www.burton.com/jp/ja/p/mens-burton-moto-boa-snowboard-boot/W19JP-131761.html

メリット: 非力な人でも均一にブーツを締め上げられる。ダイアルを回すだけなのでグローブを外すなどの面倒がない。

デメリット: スタンダードタイプと違い各部の締め上げの微調整が効かせにくい。(※ダブルBOA搭載ブーツでは下部・上部で締め分けができます)

※蛇足ですがブーツ上部に手を突っ込んだ状態で締め上げると足首周りの締め具合を調整できるよと某ショップのおにーさんが教えてくれました。


クイックレーシングシステム

スタンダードタイプとBOAのいいとこどり?

https://www.burton.com/jp/ja/p/mens-burton-ion-snowboard-boot/W19JP-106291.html

メリット: 基本的にはブーツから出ているヒモをそのまま上に引っ張れば締め上げ&固定ができる。微調整もやりやすい。

デメリット: 強いて言うならごく希にヒモのロックが外れる。スタンダードタイプでもBOAでも起こりうることなのでデメリットでも無いと感じています。

メーカーごとに呼び名が違うんで微妙。SALOMONでは[SPEED POWER LACE]の名称みたい。当然ですがメーカーサイトに見やすい画像が載ってますね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です