新幹線でスノーボードあるある

上越新幹線MAXたにがわ・東北新幹線の新幹線E6系(秋田新幹線のみかな?)で想定外

厚さ30センチ超えるようなタイプのボード向けキャリーバッグは座席上部の荷物置き場に詰め込めません(´・ω・`)

オールインタイプの方々はハートが強いのかそのまま3席分ぐらいのボードケースを放り込んでしまってるのでそれはそれで解決(なのか?)

板と他分けての新幹線移動の場合

滑る日が確定しているなら車両の最前・最後部を確保してしまうのが精神衛生的にも大分良いです(´・ω・`)でないと足元ででかい荷物を挟んだまま数時間移動になります(´・ω・`)


激狭いです・・・・。板はかろうじて立てかけられたんですが目が届かないところに置くと精神衛生的によろしくないです。。。

最後部の場合は座席の裏に荷物を置く形になるので座席にたどり着いた時にはすでに荷物が置かれてしまっているという場合も無きにしも非ず・・・・。誰も悪くはないんですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です